いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

ゲーム系プログラマによる特に方針のないブログ。技術系とカレー、ラーメンネタ多めだったはずが、最近はダイエットネタ多め。

カレー粥

どうにも腸炎になってしまいました。人生初のCTスキャンを受けました。

そんなわけで、ここ最近は胃腸にやさしい、負荷のかからない食事に気を付けています。 でもやっぱり、ペヤングとカレーが食べたいのですが、ペヤングはここは我慢するとしてカレーは食べたい!

というわけで、カレー風なお粥を作ってみました。

f:id:no-operand:20150619213113j:plain

材料

お米       4分の1合 鶏肉       お好みで(唐揚げ用を1~2個) 玉ねぎ      8分の1 キャベツ     2枚くらい 豆腐       小さ目のを半分くらい ホウレンソウ   1枚

塩        ひとふり 粉末だし     小さじ半分 トムヤムペースト 小さじ1

卵        1個

カルダモン    ふたつまみ(4粒くらい) クミンシード   ひとつまみ フェンネル    ひとつまみ クローブ     ひとつまみ ウコンパウダー  小さじ1 おろしショウガ  ひとつまみ

※スパイスは1対1くらいになるような感じで良いです。事前に細かくすり潰しておいてください。

作り方

①電子ジャーにお米と鶏肉を入れてお粥を作ります ②おかゆを炊いている間に鍋に卵以外のすべての材料、調味料、スパイスを放り込んで煮込みます。 ③お粥が出来上がったら②に入れて2~3分煮込んで味をなじませます。 ④最後に溶き卵を入れて30秒ほど蒸して完成。

効能

カルダモン、クミン、フェンネルクローブ、ウコン、ショウガがどれも胃や腸に良いとされているスパイスです。具もおかゆを作る時間と同じくらい野菜も煮込むので、柔らかくて消化も良いはず。

どうしても食欲がなくなりがちなのですが、スパイスの効果(特にカルダモン)で食欲も増進されるので、しっかり栄養補給できます。

実際、食事の後は腸が少し痛むのですが、このカレー風お粥はもりもり食べれるし、全然痛みを感じませんでした。