いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

ゲーム系プログラマによる特に方針のないブログ。技術系とカレー、ラーメンネタ多めだったはずが、最近はダイエットネタ多め。

【コンビニ飯】セブンイレブンの海苔巻きは商品開発者のおもてなしの心を感じる

f:id:no-operand:20150908090555j:plain

曇っていて霞んでますが、バックに映っているのはスカイツリー

朝は大体自炊してるのですが、時間がなかったりしたときには途中のコンビニで朝ご飯を買っていくことがあります。

なんとなく健康に良さそうな「納豆海苔巻き」

健康食品「納豆」と「海苔」の組み合わせ。なんか健康に良さそうです。しかもこの日は今まで見たことがなかった梅入り。なんとも健康に良さそう。野菜がないけどね。

海苔巻きの食べ比べてみた

ファミリーマートやローソン、デイリー、サンクスなど海苔巻きは一通り食べたのですが、味に関していえばどれもそれほど変わらず。ちょっと醤油風味が強めかなどの好みはありますが、どれを食べても結構おいしいです。甲乙つけがたし。

あえてセブンイレブンを推したい

味には大差はないとはいえ、俺はセブンイレブンの海苔巻きを推したい。それには他との圧倒的な差があります。それは「海苔の巻きやすさ」です。 セブンイレブンの海苔巻きは他の店のものよりも断然巻きやすいです。

歩きながらでも巻ける

セブンイレブンの海苔巻きの巻きやすさは歩きながら巻いてみるととても分かりやすいです。他のお店の海苔巻きは、平らなテーブルの上でご飯部分を転がすようにして巻くような作りになっています。

しかしセブンイレブンはどちらかというと、おにぎりのような感じで、フィルムをはがすと海苔がご飯に張り付いていくような感じです。

この構造のおかげで歩きながらでも巻けるという驚異の巻きやすさ。

食べる人のことを考えている感じがする

コンビニのおにぎりや海苔巻き、サンドイッチって、やっぱり携帯性がいいので外で食べるときにはとっても便利なんですよね。

歩きながら食べる人ってそんないるわけじゃないと思うんです。でも、歩きながら食べる人は確かにいるし、公園で食べる人だっておおい。そんな時、外で地面において海苔巻きを巻くなんて出来ないわけです。でもセブンイレブンの海苔巻きならそれも出来る。

きっと商品開発って会社の机の上で行っているはず。そうなるとやっぱり歩きながら巻くという概念ってなかなか出てこないんじゃないかと思うんです。セブンイレブンの海苔巻きはちゃんと食べる人のことを考えて作らている気がします。そんなセブンイレブンの海苔巻きの構造を考えた方には拍手を送りたいです。

ソフトウェア開発もちゃんと触ってくれる人のことを考えて作らないとね。と、思うのでした。