いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

ゲーム系プログラマによる特に方針のないブログ。技術系とカレー、ラーメンネタ多めだったはずが、最近はダイエットネタ多め。

四谷新道通りにある「たけだ」はトンカツも上手いがメンチカツもうまいし。カレーもうまい。

f:id:no-operand:20150910133118j:plain

新道通りの門番的お店

四谷の新道通りの入り口すぐに行列ができているのですが、それが「かつれつ四谷たけだ」です。

雨の日も雪の日も、日光が痛い日でも並んでいるお店。

それが「たけだ」。

まさに門番のような存在。

基本は「とんかつ」

外に並んでいるときに注文を受け付けてくれるので、お店の人がお客さんの食べる速度を見ながら調理しているのか、椅子に座ってからはそれほど待たずに出てきます。

なんというかプロのお仕事です。

そんなたけだのメインメニューは「とんかつ」ロースでもヒレでもとにかく柔らかくておいしい。

1000円を切るお値段ながらこのクオリティはなかなか良いです。

衣が比較的薄目で、油がしつこくないのもおいしさの秘密な気がします。

もっとも、油ぎっとりなとんかつが好きな人もいるので、そういう人にはちょっと物足りないかも?

何気にウマイ!メンチカツ

ここのメンチカツは肉がふわふわなタイプではなく、ギッチリ詰まっているタイプ。

なんというか昭和スタイル。

溢れる肉汁の代わりに、ギッチリ詰まった肉がなんとも食べ応えがあります。

メンチカツにかぶりつくと、歯がメンチの肉に埋もれていく触感はこのギッチリタイプの醍醐味!

しかしながら、油は少なく、メンチカツの割にはあっさり食べることができます。

ウチの会社にもファンが多いメンチカツ。

まさに納得の出来。

カレーも自信作!?

とんかつを頼むときに+100円でカレー掛けもできるなど、何気にカレーも推しのメニューのひとつのようです。

ほんと、昔ながらのカレーという感じで、とろみがあり玉ねぎの甘さとコクが口いっぱいに広がるTHE昭和カレー!

今回頼んだメンチカツカレーはまさに何気にうまいメンチと昭和なカレーのゴールデンコンビ。

量もどっしりあるのに、なぜか胃にもたれない不思議なメンチカツカレーです。

tabelog.com