いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

ゲーム系プログラマによる特に方針のないブログ。技術系とカレー、ラーメンネタ多めだったはずが、最近はダイエットネタ多め。

巷で話題の「シリコンバレー式」でダイエットを試してみた(10日経過)

その後の経過はこちら⇒ 【ダイエット】10k減量/痩せるための運動は痩せていないとやらない - いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

健康な体を作るぞ!

ダイエットはしないとなーと思いつつも、あまり続かない。

そんな中、効果有りという声が多かった話題の本があったので、半信半疑で購入。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

そんなわけで「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を昨年末に読んでみました。

効果はある

結論から言うと10日間で約4キロ落ちました。

効果ありです。

そして10日試した中でいくつか気になったことを纏めてみます。

大事なことは腸の回復を狙うこと

「シリコンバレー式」の感想を見ると、バターコーヒーばかりが取り上げられている感じがします。

しかしながらこの本に書かれていることは「断続的なファスティング(断食)」を無理なく、健康的に続ける方法というところに着地しています。

健康法で「断続的な断食(1日18時間は食べない時間を作ることで腸を適度に休ませる)」というのがあるのですが、要はそれです。

ところが、これをするといくつか問題にぶち当たります。

おなかが減る

基本は朝食を抜くことになるわけですが、とにかくお腹が減ります。

なので、辛い!だから続かない!

頭が回らない

午前中の仕事効率は午後に比べて高いはずなのですが、朝食を抜くと仕事効率が下がる。

なので、仕事が回らない!ストレスが増える!

つまり太る!

腹は減るし、仕事の効率が落ちてイライラするし。

で、結局食べ過ぎて太る。

食べ過ぎるから腸の負担も上がる。

まったく良いことなし。

その原因は何か?

お腹が減るのは、胃の中が空っぽになるからではなく、必要な栄養が不足し、エネルギー不足になったから。

昔からみんなそう言ってる気がする。

だからバランスよく食えって言うわけだし。

たぶん、間違ってない。

とにかく、糖分不足でも、カロリー不足でも、たんぱく質不足でも、ビタミン不足でも……とにかくどれか足りなくなるだけで空腹感がやってくる!

で、このエネルギーですが、時間帯によって必要なエネルギーは変わってくるわけです。

  1. 起床直後は血圧を上げるために塩分
  2. 午前中は脳を酷使するのでケトン体(脂肪酸を体内で消費している状態)
  3. 睡眠中は脳が記憶を整理するのでタンパク質と糖分

なので、このタイミングでちゃんと栄養を摂ればおなかは減らない!

というのが、著者の理論。

とっても簡単な解決方法

で、著者がたどり着いたのが朝食の代わりに「無塩バターを入れたコーヒーを飲む」ということ。

あと、サラっと触れる程度ですが、著者は「起床したら塩水を飲むと調子が良い」と書いています。

あとは、本の中では「完全無欠の食事」なんて書いてますが、要約すると「バランスの良い食事」です。

バランスの良い食事について言うと、後で書きますが、ぶっちゃけ「日本食なら大丈夫」な感じです。

なぜ「無塩」バター

あんまり細かく書くとネタバレになるので避けますが、無塩バターを入れたコーヒーを飲むのが良い。

カフェインは眠気防止になるし、コーヒーに含まれるポリフェノールは脂肪を分解する効果が高い。

ここにバターを入れることで、午前中に脳を活動させるためのケトン体の燃料(つまり脂肪)を補充できます。

簡単に言うと「脂肪を摂ることで、脂肪を燃焼させる体づくりをする」というわけです。

ここで疑問。

起床直後は塩分も必要らしいので、正直塩入バターでもいいんじゃないかと思います。

ただ、たぶん、無塩バターにしないとバターの量に対して塩分が多すぎるというのが無塩バターにする理由かと思われます。

ちなみに、本の中では「グラスフェッドバター(牧草で育った牛のバター)」と書いてますが、高いので俺は普通の無塩バターにしています。

ただ、ほんのちょっと高級品にしていますが(スーパーに売ってる範囲の中でですが)。

緑茶じゃあかんの?

ちなみに、コーヒーの代わりに緑茶でも良いらしいです(コーヒーに比べると効果は薄いと書いていますが)。

自分で調べたら、緑茶のポリフェノールとコーヒーのポリフェノールは性質が異なるみたい。

コーヒーのポリフェノールは「クロロゲン酸」と呼ばれるもの。脂肪の消費効果が高いようです。

緑茶のポリフェノールはおなじみ「カテキン」と呼ばれているもの。除菌能力(大腸菌や虫歯菌に効果大)が高いようです。

なので、バターの脂肪を分解するのであれば、コーヒーの方が向いているようです。

まぁ、それ以前にバターと緑茶は合わない……

バター入りコーヒーっておいしいの?

これ、ぶっちゃけ飲むまでまずそう……という印象。

俺はそもそも乳製品が苦手なので、バターは得意じゃない……

のですが、コーヒー入れてみると案外大丈夫でした。

というか、コーヒーの香りが強いので「気にならない」というのが正解。

ただ、ここに有塩バターを入れると、とたんにバターのインパクトが強くなってマズイ……

無塩バターを進める理由は塩分の取りすぎより、むしろマズイからなのかも……?

昼と夜はバランスの良い食事

野菜と魚を摂れ!ほんとこれ。とにかく野菜大事。そう書いてます。

米食え!米!

「白米は完全無欠の炭水化物」らしいです。

もしくはカボチャ。これが炭水化物の2台巨頭。

米最高!

実際、江戸時代は脚気という病気が流行ったそうですが、これの原因はビタミン(B1)不足らしいです。

ビタミンB1って何から摂れる?と思ったら、それが白米。

江戸時代は白米は税として納めるものだったので、一般農家ではあまり食べられなかったわけです。

野菜の毒に気を付けろ

まず、野菜は熱を通すこと。サラダは良くないぞ!

と、いうのも、野菜って虫に食われないように毒をもっているわけです。

有名なのはホウレンソウのショウ酸。

壊れたビタミンは他で補えばいい!

ということ。

ただ、熱を通すことが重要なのではなく「毒を取り除くこと」が重要と書いています。

毒を取り除くほかの方法は、お酢につけるなどなど。

あれ?

日本の一般的な漬物(特に酢漬け)やキムチって野菜の栄養も壊さないし、毒も抜けてるんじゃ?

魚の油は最高だ!

魚の油は特に上質で、分解もされやすく完全無欠と書いています。

ただ水銀を含みやすい魚は要注意!(水銀は猛毒だからね)

で、水銀の少ない魚ってなに?

イワシ、サンマ、サバ……あれ?日本で愛される魚ばかり!

ちなみにマグロは水銀多めらしいです。

つまり日本食

で、読んでいくと「日本食最高」ってこと?

やってること

朝はバター入りコーヒーで午後まで空腹感が出ないようにしています。

で、昼と夜。

普通に食ってます!

昼飯に関していえば、特に何も気にせず定食だったりピザだったり。

好きに食ってます。

さらに夜はここ10日で飲んだ後にラーメン(しかも二郎)を食べた日もあります。

でも夕飯でひとつだけ気を付けていることがあります。

(ラーメンなどを食べる日もありますが)なるべく家で食べる日を増やすこと。

あと、夕飯の献立。

  1. 味噌汁
  2. お米
  3. 野菜をたっぷり
  4. 生卵(鮮度は良いものを)
  5. 魚(イワシやサバ、サンマ、アジの開きなど)
  6. お新香(今のところは梅干、キムチが多め)
  7. 納豆
  8. ワカメ

1,2,3 はほぼ毎日食べるようにします。 4~8に関してはこの中から2種類以上を食べます。「魚+お新香」や「生卵+キムチ」とかそんな感じです。 できれば3種類以上食べるといいと思います。というか、ワカメ(乾燥)は大量にあるので、ほぼ毎日入れてますが……

正直、めっちゃバランスいい日本食なんじゃないかな?しかもおいしい!

野菜は主に味噌汁に入れているのですが、それもあって味噌汁は結構多めに食べています。 もちろん味噌汁に入れずに野菜炒めにしたりするときもあります。

ちなみに、味噌はちょっと高め(それでも近所のスーパーで売ってるもの)のものを使ってます。高いといっても、500gで+100円くらいですが……

これによる効果

体重が4キロ減(73⇒69)

仕事効率(1日に書いたプログラムの量と、バグの量で判断)が向上。

特にプログラムを書いた量はここ2~3年の50%増くらい(今までそれだけ効率が落ちていたことに驚いた……)。

足の親指が痛い日が無くなった(痛風なりかけだった?)。

間食が減った(これが恐らく一番大きな効果)

確かに「自分を変える」感じがあります。

恐るべし、シリコンバレー式。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

著者の体験談となっているので、ドキュメンタリー的な読み物としても面白いですよ。

今後の経過もブログに書いていこうと思います。

体づくりなのです。

その後の経過はこちら⇒ 【ダイエット】10k減量/痩せるための運動は痩せていないとやらない - いさぽん.COM「つくる」に挑戦中